2013年7月18日木曜日

境水道のチヌ

甲田よりフィールドレポートです。

山陰西部遊志会のコテージを借りての宴が済んだ翌日。
島根県のチヌのメッカ、境水道に赴きました。

今回は沖堤に挑戦、渡船もありますがフィールドスタッフ植田氏の船にて
出航、一路目的地を目指しました。

昼には上がるという雨がなかなか、、
やまない。
雨模様に煙る宍道湖をひた走る。

到着してみれば、足場も良く安全に釣りができるケーソンでした。
それぞれに道具を用意して、始めるもアタリは遠し。
雨の中、心が折れそうになる。

沈黙の中、起死回生の一枚目は植田氏でした。
チヌに負けない黒さが売りですが、さすがの腕前です。

周藤氏も負けじと続きます。
懸命にそれぞれの釣りを展開。

植田氏が決め手となる一枚を仕留めニッコリ。
仕掛けを流れに乗せ、ケーソンの下にサシエを運ぶ戦法です。
やるな、さすが。

終わってみれば、きっちり2人とも釣果を上げました。

また、一緒に遊びましょう。